曜日指定!ウルトラ割引キャンペーン

チェックリスト

引越し手続きチェックリスト

引越し手続きの一般的な事例をご紹介します。
地域等によって手続きが異なる場合がございますので、お確かめの上お手続きをお願いします。

印刷用データはこちらをご利用ください。

チェックリスト(PDF)

約1週間前

手続きの種類 届け出先 手続きの方法
住民移動・転出届 現住所の市町村役所 本人または世帯主が、所定の用紙に記入。印鑑が必要。
国民年金・国民健康保険 現住所の市町村役所 本人または家族が連絡。それぞれ国民年金手帳、国民健康保険証、印鑑が必要。
福祉関係 現住所の市町村役所 本人または家族が手続き。印鑑、転出証明が必要。
印鑑登録 現住所の市町村役所 本人または代理人(委任状)が手続き。実印が必要。
不用品、大型ゴミ処分 市町村役所または
環境局
地方により違うのでとりあえず役所受付に早めに連絡。
有料の場合が多い。
金融機関届 銀行窓口 本人が所定用紙に記入。銀行届印が必要。
※クレジット・保険会社は電話で連絡する。

3〜4日前

手続きの種類 届け出先 手続きの方法
郵便物の転送届 最寄の郵便局 【転居届】ハガキに記入して管轄郵便局宛に投函。
転送期間は1年間。
電話の移転届 現管轄NTT 電話で連絡(116)。
水道料金の精算 現管轄の営業所 電話で連絡。
集合住宅は家主管理の場合があります。
ガス料金の精算 現管轄の営業所 電話で連絡。
指定日に係員が来てガスを止め料金を清算します。
電気料金の精算 現管轄の営業所 電話で連絡。
指定日に係員が来て電気を止め料金を清算します。
新聞などの料金清算 現管轄の営業所 配達人に伝えるか電話連絡。
転校届 転入先の学校 本人または親が前校でそろえてもらった書類を提出。

お引越し後

手続きの種類 届け出先 手続きの方法
住民転入届 市町村役所 本人または世帯主が転入14日以内に手続き。
転出証明、印鑑が必要。
国民年金、国民保険、
福祉関係
市町村役所 本人または世帯主が転入14日以内に手続き。
転出証明、印鑑が必要。
水道開栓 水道局または役所 新設の場合は水道公認業者に問い合わせる。既成住宅の場合届け人の印鑑と前使用者の名前。借家の場合家主の印鑑と賃貸借契約書。
電気開通 所轄の営業所 電話で連絡。
ガス開通 所轄の営業所 電話で連絡。
運転免許証の住所変更 所轄の警察
または安全協会
免許証、住民票をもって15日以内に。他都道府県の場合は写真が1枚必要。
自動車の登録変更 引越先の陸運事務所 本人または代理人(要委任状)が転居後15日以内に手続き。
車庫証明、車体検査、新住民票、実印、車が必要。
転居挨拶・案内状 早めに印刷し引越し後郵送。
  • 曜日指定!ウルトラ割引キャンペーン
  • 不用什器・家具、買取します!
  • たった500円で引越しができる!
  • 家族の引越し
  • 単身の引越し
  • 会社の引越し
  • 豆知識
  • チェックリスト
  • キャンペーン情報
  • 求人情報
  • 会社概要
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 運輸安全マネジメントの取り組み
  • お客様の声
  • 株式会社 マイスター引越センター スタッフブログ